<東日本大震災>巨大で高コストの「防潮堤」、疑問残る=西郷隆盛のような腹をくくった政治家がいなかった―宮城県知事が問題提起

八牧浩行    2016年3月29日(火) 3時20分

拡大

(1 / 2 枚)

25日、村井嘉浩宮城県知事が記者会見し、東北の太平洋岸線で、高い防潮堤を築いて将来の津波被害を食い止めようという計画が進められていることについて「今から考えれば、内陸の安全なところに移った方がコスト的にも良かったのではないかという問題はある」と指摘した。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携