<東日本大震災から5年>2040年の福島県内電力、すべて再生可能エネルギーで賄う=原発「廃炉」へ世界の英知結集を―福島県知事

八牧浩行    2016年2月24日(水) 5時10分

拡大

(1 / 2 枚)

22日、福島県の内堀雅雄知事が、日本記者クラブで会見。最大の課題は「福島第一原発の廃炉」とした上で、高い放射線レベルの炉の中では、ロボットによる作業でさえも困難と指摘、「世界の英知を結集して取り組んでもらいたい」と訴えた。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携