<羅針盤>「握手」で読み取る、首脳会談の成否―立石信雄オムロン元会長

立石信雄    2017年7月23日(日) 5時0分

拡大

「握手」はお互いの好意を示すために古来から行われている。友好親善へその効用は計り知れない。多くの国際経営会議などに出席したが、握手によって、相手との距離が縮まったことを覚えている。虚実が錯綜する政治家の握手となると、事情は異なるようだ。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携