<コラム>ニュース中国語事始め=日本語化に苦労する単語、人名について

如月隼人    2019年1月30日(水) 0時20分

拡大

中国人の人名を日本語記事で紹介する場合、問題になるのは少数民族の名です。例えば、中国共産党吉林省委員会の書記である<巴音朝魯>氏です。モンゴル語の発音にまでさかのぼって「バヤンチョロー」とせねばなりません。資料写真。

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携