中国が極超音速核ミサイル実験、地球を周回して再攻撃可能?「外国メディアがあおり立てる」と中国メディア

Record China    2021年10月19日(火) 6時20分

拡大

17日、観察者網は「中国が極超音速核ミサイル試験を行ったと海外メディアがあおり立てている」と報じた。

2021年10月17日、観察者網は「中国が極超音速核ミサイル試験を行ったと海外メディアがあおり立てている」と報じた。

記事は、英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が16日、中国で8月に極超音速兵器の発射実験が行われたと報じたことを紹介。報道では、この兵器が核兵器を搭載可能な飛行体であり、ロケットで打ち上げられてまず地球を周回する軌道に入り、その後大気圏に再突入して極超音速滑空し、攻撃部分を標的に向けて着弾させると説明されたことを伝えた。

また、同紙がこの兵器について、既存のミサイル防御体系を突破する可能性を持っていると評した上で、米情報機関から説明を受けた関係者が「中国が極超音速兵器開発で驚くほどの進歩を遂げていることが明らかになった。米国の認識のはるか先を行っている」と語ったことを紹介し、「なぜ米国はいつも中国の軍事的な近代化を見くびっているのか、という問題が浮き彫りになった」と報じたことを伝えている。

その上で、中国のある軍事評論家が「これは軌道上極超音速兵器であり、理論上は確かに既存のミサイル迎撃システム、警戒システムを突破する非常に高い効果を持っている。しかし、この兵器の構造、搭載ミサイルの形式には制約があるため、一般の弾道ミサイルの弾頭に比べて搭載可能な容積は少ない。核兵器を搭載した場合、多くの量を搭載できない上、攻撃にかかる時間が長く、効率も低いため、実戦での効果は期待できない」と解説したことを紹介した。

また、宇宙航空の専門家も「この飛行体はむしろ、新しい航空機の構造や設計の探求、空力熱力学モデルの構築、データ収集といったその他の宇宙航空分野で極めて高い効果を生むものだ」と説明したとしている。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携