<写真特集>日本の和の様式も溶け込む台湾・彰化市の「南瑶宮」

蕭文彬   2021年3月7日(日) 11時0分

台湾・彰化市の「南瑶宮」を、カメラマンの蕭文彬(シャオ・ウェンビン)が写真と文章で紹介する。

台湾・彰化市の「南瑶宮」を、カメラマンの蕭文彬(シャオ・ウェンビン)が写真と文章で紹介する。

南瑶宮は彰化県彰化市南瑶里にある媽祖(海の女神)廟で、世間では「彰化媽祖宮」と呼ばれる。建立は18世紀の清朝乾隆年間だ。最も特色がある建築物は中央に位置する観音殿で、日本の和の様式とギリシャ式、バロックの風格が溶け合う建築様式は台湾の伝統的な寺院と大きく異なっている。

観音殿は正殿より大きく、幅は16.62メートル、奥行きは13.78メートルあり、回廊が設けられている。観音殿は当初、正殿だったが信者の排斥を受け、観音殿の前方に別の正殿が建てられた。

観音殿はヒノキが多く使われ、木の彫刻は伝統的な草花や人物の代わりに菊が彫られている。回廊の柱頭はギリシャのドーリア式に似た造形だ。このように異なるものを調和よく組み合わせる建築は1920年代に流行した。南瑶宮は当時の文化を残すだけでなく、建築上の地位も享受している。(翻訳・編集/野谷

●蕭文彬(シャオ・ウェンビン) 1956年生まれ。台湾台南市出身。幼少時代は貧しい家庭に育つ。父の「家族写真を撮るためカメラを借りたい」との申し出を親戚が断ったことが、プロのカメラマンを目指すきっかけとなった。初めて手に入れたカメラは中古のペンタックス。ここから本格的な撮影技術の学習をスタートさせる。現在は台湾南部を代表するカメラマンとして中華南群撮影学会理事長や台南市撮影学会の副理事長を務める。2015年12月には台南市の新光三越で個展を開催した。

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携