<アラブの春から10年>大半の国で失敗=中国型強権成長経済を志向―米国人権外交に反発

八牧浩行    2021年4月13日(火) 6時50分

拡大

「アラブの春」といわれる民主化運動から10年が経つが、チュニジアを除くほとんどの国で、民主化プロセスはとん挫、失敗した。酒井啓子千葉大教授が日本記者クラブで講演し、失敗の原因や展望などについて話した。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携