<コラム>食欲に余白と美意識を加える

黄 文葦    2019年10月17日(木) 19時0分

拡大

20年間、体重がほぼ変わっていない。普段、大食いをしないからだ。子供の頃、大人から「七分飽」という中国語の言葉を教わった。日本語でいうと、腹七分目である。つまり、食欲に余白を持つこと。食欲があっても、節度ある食事を貫いてきた。写真は和食。

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携