井戸からマンモスゾウの化石

Record China    2006年5月12日(金) 1時20分

拡大

(1 / 4 枚)

2005年11月11日、吉林舒蘭市の春田村に住む紀国峰さんが家の近くで井戸を掘っていたところ、地下6メートルから、マンモスゾウの化石を発見した。 吉林市の古生物専門家が確認したところ、化石は長さ0.8メートル、幅は0.3メートル、約1年万前のマンモスの額部だと明らかになった。 専門家が語るに、マンモスゾウは群れで生活するため、この周辺にはまだ他のマンモスゾウの化石が眠っている可能性が高く、来年の春に大規模に発掘される事になった。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携