<羅針盤>京の四季を愛でる、日本最古の葵祭り、都大路を行く牛車の音ものどかに=望まれる南座の再開―立石信雄オムロン元会長

立石信雄    2017年6月3日(土) 5時20分

拡大

京都で育った私は、京の町並みや風情に温かさを感じる。新幹線が東山トンネルから出た途端に広がる瓦屋根の民家の風景に、いつ行ってもやすらぎを憶える。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携