<書評>富坂聰著『「反中」亡国論』=日本に今必要なのは「感情論」ではなく「冷徹な現状分析」

八牧浩行    2021年9月11日(土) 20時0分

拡大

「“チャイナvs.世界"で得するのは誰か?」―が本書の主要なテーマ。「中国崩壊論」の根拠のなさが解明される。日本に今、必要なのは「思い込み」や「感情論」ではなく「冷徹な現状分析」であると本書は説く。

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携