「息が止まるほどの衝撃だった」韓国系米国人作家が慰安婦小説を書いた理由に、韓国ネット「これが文化の力」「処罰されるかも…」

Record China    2017年5月26日(金) 21時10分

拡大

26日、韓国メディアによると、1997年に米国で小説「従軍慰安婦」を発表し、その翌年に全米図書賞を受賞した韓国系米国人作家ノラ・オクジャ・ケラー氏が、日韓の慰安婦問題について語った。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携