ガス田開発の中国、日本の抗議に「あれこれ言うな」=中国ネット「琉球も未確定」「今の日本人は…」

Record China    2022年6月22日(水) 12時30分

拡大

21日、観察者網は、中国による東シナ海でのガス田採掘設備建設に日本政府が抗議したことに対する中国外交部報道官の見解を報じた。

2022年6月21日、観察者網は、中国による東シナ海でのガス田採掘設備建設に日本政府が抗議したことに対する中国外交部報道官の見解を報じた。

記事は、日本の外務省が20日、東シナ海の日中中間線(中間線について中国は承認していない)の中国側海域でガス田採掘設備を建設したとの情報を発表し、「再三抗議を行ってきたものの、一方的な開発が引き続き進んでいることは極めて遺憾」として中国に抗議を行ったことを明らかにしたと伝えた。

そして、中国外交部が21日に開いた定例記者会見で「日本は中国が東シナ海でガス田採掘設備を建設したことに対し抗議したが、中国政府としてのコメントはあるか」との質問が記者から出され、会見を担当した汪文斌(ワン・ウエンビン)報道官が「中国による東シナ海のガス田開発はいずれも争う余地のない中国側の管轄海域に位置しており、完全に中国側の主権、管轄権の範囲内での事。日本はあれこれ言うべきではない」とコメントしたことを紹介している。

この件について、中国のネットユーザーは「『お前の知ったことか』が中国外交部の3大話術の一つ」「汪報道官のコメントは力不足。琉球の地位さえ未確定であり、日本はそもそも東シナ海の線引きを語る権利もない」「日本人はこちらが一歩退けば進んでくるのに、自分はちっとも損を被ろうとしない」「以前の日本人は平和友好を掲げて東シナ海ガス田でいろいろ譲歩してきたのに、今の日本人はすっかり対立モードになっている。それならこっちだって遠慮はしない。やるべきことをやるまでだ!」といった感想を残している。(翻訳・編集/川尻

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携