日本人が作った「絶対に盗まれない傘」が中国でも話題に=「いかにも日本人」「逆に盗まれそう」

Record China    2022年6月1日(水) 0時0分

拡大

28日、中国版ツイッター・微博で、日本人が作った奇抜な傘の発明品が紹介されて注目を集めた。

2022年5月28日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本人が作った奇抜な傘の発明品が紹介されて注目を集めた。

紹介されたのは、持ち主じゃない人が持ち去ろうとすると全力で首を振る雨傘だ。日本在住で日本の情報を伝える微博アカウントが28日に「日本で盗難率が最も高いのは雨傘だということは広く知られている。この問題を解決すべく、日本のあるネットユーザーがモーターと距離センサーを使って、怪しい人物が接近した時に全力で首を振って盗まれないようにする傘を発明した」として動画とともにこの傘を紹介した。

動画では、傘に手が近づくと傘の柄が急に高速回転し始める様子が見られた。実際には柄は回転しているのだが、高速なため肉眼ではまるで激しく拒むかのように左右に首を振っているように見える。

このユニークな傘を見た中国のネットユーザーは「いかにも日本人って感じの発明だ」「ああああああああああ!こっち来ないで!って感じだね」「逆にこれはおもしろいと思われて盗まれそう」「むしろこの傘が欲しくなる」「電池が切れたら持ち去ればいい」「日本では透明なビニール傘はほとんど使い捨てみたいなもので、駅に置いておいても誰も持っていかない」「柄を持ったら電流が走るようにした方がいいと思う」といった感想を残している。

また、日本在住のユーザーからは「私も傘が盗まれたことがある。お気に入りだったのに。しかも二度と手に入らなかった」という体験談も寄せられた。(翻訳・編集/川尻

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携