中国はCOP15第二段階会議の準備を着々と推進中=外交部

CRI online    2022年5月22日(日) 16時0分

拡大

外交部の汪文斌報道官は20日の定例記者会見で、国連生物多様性条約(CBD)第15回締約国会議(COP15)についての質問に答えた際、「現在、中国はCOP15第二段階会議の開催準備を着々と進めている」と示しました。

5月22日は「国際生物多様性の日」です。汪報道官の紹介によりますと、中国は生物多様性の保護を非常に重視し、エコ文明の建設に大きな力を入れているということです。

中国はCOP15の開催国として、2021年に第一段階会議を成功させました。この会議では、習近平国家主席が「中国は15億元(約288億円)を拠出して昆明生物多様性保護基金を設立し、発展途上国の生物多様性保護事業を支援する」と宣言しました。また、会議で発表された「昆明宣言」は政治的な動力としてグローバルな生物多様性の保護を後押ししたと評価されています。

汪報道官はまた、「いま、中国は第二段階会議の準備を積極的に推し進め、各側による『ポスト2020生物多様性枠組』の協議一致に向けて取り組んでいる。そして、緑の『一帯一路』と『グローバル発展イニシアティブ』を引き続き推進させ、南南協力の展開を継続しながら、グローバル環境ガバナンスに中国の知恵と力を捧げ、地球生命共同体の共同構築に最善を尽くしていく」と表明しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携