北京の人気求人は技術分野に集中、ワクチン研究員が月収で上位に―中国

人民網日本語版    2022年5月13日(金) 14時50分

拡大

新型コロナウイルス感染症対策が常態化するにつれ、バイオ医薬品メーカーではハイレベルの研究開発者へのニーズが高まっている。写真は北京のPCR検査会場。

「2022年北京市人的資源市場給与状況報告(第1四半期)」が11日に発表された。それによると、北京市では第1四半期(1-3月)に「高度で新規の」人気求人ポジションは技術分野に集中し、そのうち8割以上は給与の中央値が1か月当たり2万元(約40万円)に達し、中でも自然言語処理エンジニアとシステムアーキテクトは中央値が3万5000元を超えて、他の職種を上回った。中国新聞網が伝えた。

新型コロナウイルス感染症対策が常態化するにつれ、バイオ医薬品メーカーではハイレベルの研究開発者へのニーズが高まっている。遺伝子工学ワクチン研究員は同期の「高度・新規」人気求人ポジションで、給与の中央値は1カ月当たり3万2745元(約65万円)となり、技術系ポジションの中でトップクラスだった。

このほかに「高度・新規」人気求人ポジションに初めて入った職種が6つあり、それぞれ集積回路エンジニアリング技術者、暗号技術応用員、電子データ証拠採取アナリスト、ビッグデータエンジニア、インターネットマーケティング担当者、人工知能(AI)トレーナーだった。いずれも給与水準が相対的に高く、中央値は1万5000元(約30万円)を超えた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携