江西省で4億3800万年前の古代魚の化石を発見―中国

人民網日本語版    2022年4月1日(金) 8時50分

拡大

江西省で4億3800万年前の古代魚の化石が発見された。写真は俊卿清水魚(左)とハリネズミ安吉魚(右)の生態復元図。

中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の修士課程在学中の山顕任氏はこのほど、蓋志琨研究員と趙文金研究員の共同指導を受け、国際的な学術誌「Journal of Asian Earth Sciences」に、同研究チームによるシルル紀エウガレアスピス目の最新の研究成果をオンライン発表した。

同研究は江西武寧シルル紀ランドベリー世テリチアン早期(約4億3800万年前)清水組から、初めて早期ガレアスピス類の2つの新種「俊卿清水魚(Qingshuiaspis junqingi)」と「ハリネズミ安吉魚(Anjiaspis ericius)」を発見した。エウガレアスピス目が江西省北西部下紅層から見つかったのは初めてで、今までで最も古く最も原始的なエウガレアスピス目化石だ。エウガレアスピス目は東アジア地域固有の顎のない魚類で、現在のところ中国とベトナム北部でしか発見されていない非常に地域的な特色が目立つ魚類となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携