テンセントビデオの中国時代劇ドラマ再生回数トップ10、「陳情令」を抑えて1位になったのは?

anomado    2022年1月19日(水) 8時20分

拡大

中国の動画配信サービス大手のテンセントビデオ(騰訊視頻)が過去3年間に配信した時代劇ドラマで再生回数が最も多い作品トップ10が明らかとなった。

中国の動画配信サービス大手のテンセントビデオ(騰訊視頻)が過去3年間に配信した時代劇ドラマで再生回数が最も多い作品トップ10が明らかとなった。台湾のエンタメ・美容サイト「BEAUTY」が報じている。

第1位に輝いたのは2018年に大ヒットした「明蘭~才媛の春~」(知否知否応是緑肥紅痩)で再生回数は145億回。俳優ウィリアム・フォン(馮紹峰)、女優チャオ・リーイン(趙麗穎)が主演した同作は、配信当初の評価はそれほど高くなかったものの回を追うごとに人気を博した。他の動画プラットフォームと合わせると総再生回数は230億回に上ると推計され、現在でもテレビで繰り返し再放送されている人気作品だ。

第2位は19年の「陳情令」で再生回数は100億2700万回。主演のシャオ・ジャン(肖戦)とワン・イーボー(王一博)は同作をきっかけに大ブレイクを果たし、今ではドラマや番組、広告にと引っ張りだこ。20年以降のブロマンス人気の火付け役とも言える作品だが、続々と撮影された「皓衣行」「張公案(君子盟)」などは中国当局の規制に遭い、配信が実現していない。

第3位は「慶余年」(19年)で再生回数は96億回。俳優チャン・ルオユン(張若昀)の主演作で、脇役としてシャオ・ジャンも出演。ミステリアスでシリアスな中にも笑いのあるストーリー展開が注目を集め、放送期間中には微博(ウェイボー)のランキングをほぼ独占してしまうほどの人気ぶり。情報サイト・豆瓣(douban)でも7.9点(10点満点)と高評価を獲得している。

第4位は「夢幻の桃花~三生三世枕上書~」(20年)で再生回数は85億回。主演は女優ディリラバ(迪麗熱巴)と俳優ガオ・ウェイグアン(高偉光)。17年に大ヒットした「永遠の桃花~三生三世~」のシリーズ作で、放送回を重ねるごとに人気になったラブ史劇。主演二人のキャラクターや濃密な恋を描いた「カップル感」がファンの心をつかんだ作品だ。

第5位は「倚天屠龍記」(19年)で再生回数は71億5600万回。俳優ゾン・シュンシー(曾舜晞)、女優チェン・ユーチー(陳[金玉][王其])、女優ジュー・シューダン(祝緒丹)らが出演した。金庸の小説が原作で多くの「金庸ファン」が人気を下支えした。2人の女優の演技にも注目が集まった作品で、韓国の人気グループ・スーパージュニア(Super Junior)のヒチョルがジュー・シューダンを絶賛したことでも話題になった。

第6位は「雪中悍刀行」で再生回数は57億9300万回。同名のネット小説を実写化した同作は、21年12月に配信を開始すると8日間で10億回を突破。当初はチャン・ルオユンが主演していることや「慶余年」の制作陣が手掛けていることが話題を集める一方、後半にかけてもそのストーリー展開で視聴者を釘付けにした。

第7位は「斗羅大陸」(21年)で再生回数は57億2500万回。シャオ・ジャン主演のファンタジー作品で豆瓣の評価も6.4点とまずまず。配信当初は英ドラマの盗作疑惑で謝罪するなど波乱の船出となったものの、テンポの良いストーリー展開とシャオ・ジャンの演技力が光り人気に。シャオ・ジャンはこの作品で北京日報報業集団が主催する「影視榜様2021年度総評」で「年間人気男優賞」を受賞した。

第8位は「有翡」(20年)で再生回数は56億2000万回。ワン・イーボーとチャオ・リーインという「2大スター」が主演を務めることで注目された武侠ドラマ。賛否は割れたものの話題となった作品で、日本での放送も注目を集めた。

第9位は「錦心似玉」(21年)で再生回数は51億2200万回。俳優ウォレス・チョン(鍾漢良)と女優タン・ソンユン(譚松韻)が主演で、やむを得ない事情で結婚した2人が徐々に愛を育んでゆくストーリーが人気となった。台湾のあるネット調査では中国ドラマの中で「最も甘いカップル」の1位に選ばれている。

第10位は「小女花不弃」(19年)で再生回数は46億9000万回。ドラマ「司藤」の俳優チャン・ビンビン(張彬彬)と台湾の女優アリエル・リン(林依晨)が主演した。配信当時から中国で話題になり、台湾にも人気が波及した作品だ。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携