ワン・イーボー、映画「長空之王」撮影のためゴビ砂漠に位置する嘉峪関市へ―中国メディア

anomado    2022年1月16日(日) 21時30分

拡大

中国の人気俳優ワン・イーボーが、出演する映画「長空之王」の撮影のため、北京市から万里の長城の西端にあたる甘粛省嘉峪関市に到着したと、中国の複数のメディアが14日付で報じている。

中国の人気俳優ワン・イーボー(王一博)(24)が、出演する映画「長空之王」の撮影のため、北京市から万里の長城の西端にあたる甘粛省嘉峪関市に到着したと、中国の複数のメディアが14日付で報じている。

ワン・イーボーは、香港のベテラン俳優で世界的にも活躍するトニー・レオン(梁朝偉)(59)と共演する映画「無名」の撮影が先月クランクアップしたばかり。

中国のネット上では、ワン・イーボーが嘉峪関に到着したことを伝えた記事の閲読数が3億回に迫る勢いで、2万人以上がコメントしているという。

ワン・イーボーは2019年の武侠ファンタジー時代劇陳情令」で大ブレーク。昨年12月30日にリリースした新曲「廿」も話題となった。

「長空之王」ではエースパイロットを演じると伝えられている。撮影は嘉峪関市に近い砂漠地帯にある中国軍の空軍基地で行われるとの報道もある。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携