羽生結弦よりも上? 米国選手が4A跳ぶ=中国ネットで不満噴出「なぜだ?」「羽生とは…」

Record China    2022年1月12日(水) 16時20分

拡大

フィギュアスケートの羽生結弦が完成を目指す4回転アクセル(4A)に、米国選手が挑戦したことが中国で反響を呼んでいる。

フィギュアスケートの羽生結弦が完成を目指す4回転アクセル(4A)に、米国選手が挑戦したことが中国で反響を呼んでいる。

9日に米国で行われた全米選手権男子シングルのフリーで、ロシアから国籍変更したアルトゥール・ドミトリエフ(29)が4Aに挑戦、着氷で大きくバランスを崩したものの転倒はしなかった。昨年12月の全日本選手権での羽生の4Aはダウングレード(3A扱い)の判定を受けたが、ドミトリエフはアンダーローテーション(ダウングレードよりも不足が少ない)判定だったという。

中国国営の中央テレビ(CCTV)は11日付でドミトリエフのジャンプについて「着氷はしたがステップアウトし回転不足だった。しかし、ダウングレードは取られなかった。これに先立ち、日本の羽生結弦も全日本選手権で4Aの動作を完成させていた」と報じた。

中国のネットユーザーからは、「これでもダウングレード(DG)にならないのか!?」「3Aをちょっと多めに回ったくらいじゃないか」「これで4Aだなんて笑える」「ジャッジはどこを見ているんだ」「さすがアメリカ。ホラだけはいっちょ前に吹く」「なるほど。『3A』にアメリカの『A』をプラスして『4A』ってことか」「羽生がアメリカ人で全日本選手権が全米選手権なら、あの(全日本で跳んだ)4Aはダウングレードにならなかっただろう」「羽生とは比べようもない」など不満をあらわにする声が殺到している。

なお、ドミトリエフは2018年11月のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア杯で4Aを跳ぶ(ダウングレードで3A扱い)など、過去にも4Aに挑戦している。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携