中国ブロマンスは“全面禁止”か、「陳情令」以来の人気ジャンル、待機中は約20作品に

Record China    2022年1月8日(土) 20時30分

拡大

7日に“全面禁止”の話題が浮上し、動向が注目される中国のブロマンスドラマだが、現時点で配信待機中の作品は、分かっているだけで約20作品に上っている。

7日に“全面禁止”の話題が浮上し、動向が注目される中国のブロマンスドラマだが、現時点で配信待機中の作品は、分かっているだけで約20作品に上っている。

中国当局では昨年以来、芸能界の統制に着手して締めつけを強めているが、このほど北京市広播電視局党組の代表が、2022年の業務会議の中でブロマンス禁止について言及。7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも大きな反響を巻き起こした。

2019年の「陳情令」の大ヒット以来、量産されるようになったブロマンス作品だが、当局の方針によって昨春以降は、テレビ放送や配信が停止状態に。今回の“全面禁止”の話題を受けて、待機作品はこのままお蔵入りする可能性が高いとネットでも関心を集めている。

ニュースサイトの捜狐(SOHU)によると、現時点で待機中のものは約20作品を数える。その筆頭となるのは、レオ・ロー(羅雲熙)とチェン・フェイユー(陳飛宇)主演のファンタジー時代劇皓衣行」。2020年9月にクランクアップし、21年に配信予定だったものの時機を逸している。

このほか、ワン・アンユー(王安宇)とファン・チョンチョン(范丞丞)主演の「左肩有你」、チャン・リンホー(張凌赫)とジャイ・シャオウェン(翟瀟聞)主演の「吉星高照」(天官賜福)、タン・ジエンツー(檀健次)とチェン・ジョーユエン(陳哲遠)主演の「烽火流金」、ビー・ウェンジュン(畢雯珺)とワン・ルイチャン(王瑞昌)主演の「奪夢」など、人気俳優の出演作が明らかになっている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携