韓国で史上最悪の飲酒運転?焼酎をらっぱ飲みしながらスクールゾーンを暴走=韓国ネットは怒り

Record Korea    2021年12月4日(土) 0時0分

拡大

韓国で、焼酎をらっぱ飲みしながらスクールゾーンを暴走した男が警察に現行犯逮捕された。

韓国で、焼酎をらっぱ飲みしながらスクールゾーンを暴走した男が警察に現行犯逮捕された。12月1日、韓国メディア・アジア経済が報じた。

11月30日、YouTubeチャンネル「ハン・ムンチョルTV」に、「5万件のブラックボックス映像を見たハン・ムンチョル弁護士も初めて見る映像。史上最悪の飲酒運転」と題する映像が投稿された。

投稿者は11月26日の午前10時ごろ、ソウル市東区の道路を走行中に、酒をらっぱ飲みしながら走行しているドライバーを発見。乱暴な運転をしていたので車を止めさせたところ、相手は左手でハンドルを持ち、右手にはプラスチックの焼酎ボトルを持っていたという。投稿者は、「『車を止めろ』と言うと意味が分からないという様子で笑いながら逃走した。ろれつが回っておらず、何を言っているのか聞き取れなかった」と語っている。

その後路地で一旦停車させたが、引き続き逃走しようとしたため、投稿者が助手席から相手の車に乗り込んで鍵を奪い、警察に引き渡したとのこと。検査の結果、アルコール濃度が免許取り消しのレベルだったため、男は現行犯で逮捕された。

また投稿者は、「その車がスピードを上げて信号無視をした場所は、金曜日の午前中で登校中の児童もいる小学校前のスクールゾーンだった」とし、「酒を飲みながら運転している姿は、ナイフを手に持つ殺人犯を見たかのように衝撃的だった。止めなければいけないという思いしか頭になく、自分の車のことなどは考えずにとにかく追いかけた」と語った。

この映像を見たハン・ムンチョル弁護士は、「本当に危なかった。このように飲酒運転を発見した時に止めなければ、恐ろしい大惨事や悲劇が起きてしまう」とし、「飲酒運転をしていた犯人もこの方に感謝すべき」と話したという。

この記事に対し韓国のネットユーザーからは、「登校時間に飲酒運転だなんて、想像もしたくない。止めてくれた人に感謝します」「正気じゃないね。厳罰に処してほしい」「こういう人間には二度と車を運転させてはいけない」「法が緩いからこういう人間が出てくる」「事故を起こす前なら罰金を払って終わり。韓国はそういう国」など、怒りの声が相次いでいる。

一方では「李在明(イ・ジェミョン)候補の話?」「こういう人でも後に市長や道知事、大統領候補になるかもしれない。4度までは見逃してあげよう」など、皮肉交じりのコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携