日本の客観的な「イカゲーム」分析に韓国メディアが難癖=「パクリだと告発した」―中国メディア

Record China    2021年11月2日(火) 18時20分

拡大

世界的なヒットを記録しているネットフリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」をめぐり、中国メディアの環球網は2日付の記事で「韓国と日本がやり合っている」と報じた。

世界的なヒットを記録しているNetflix(ネットフリックス)の韓国ドラマ「イカゲーム」をめぐり、中国メディアの環球網は2日付の記事で「韓国と日本がやり合っている」と報じた。

記事はまず「イカゲーム」について、「米ネットフリックスによって広まり、過去数カ月のうちに世界中でヒットし、韓国文化のソフトパワーを知らしめている」と評価。一方で、「最近、日本の大手メディアに掲載された同作に関する文章が、一部の韓国のネットメディアを刺激した」と伝えた。

その文章は、日本経済新聞の韓国ソウル支局長、鈴木壮太郎氏が執筆したもので、同作には「日本の残像」が映し出されていると指摘している。作中に登場する「ムクゲの花が咲きました」はルールも旋律も日本の「だるまさんが転んだ」と同じであることや、メンコやビー玉、「型抜き」など日本人になじみのゲームがあることを挙げ、それらのルーツは日本の植民地時代にあると論じている。

ただ、環球網の記事は鈴木氏の文章について「単純に読んだだけでは『韓国人が日本文化を盗んだ』との意図は感じられない」と紹介。「文章の後半部分では、このことは東アジア文化の共通性を反映していると言及しており、例として古代中国の文化が朝鮮半島を経由して日本に伝来した一方、日本の文化がまた韓国に伝来したことを挙げ、日中韓は互いに影響しあっていると述べている」と説明した上で、「にもかかわらず、一部の韓国のネットメディアを刺激することになった」とした。

記事によると、韓国の複数のネットメディアが鈴木氏の文章について「韓国人が日本文化をパクったと告発した」と報じたほか、「『イカゲーム』のヒット以来、同作は日本のドラマ(2014年公開の『神さまの言うとおり』など)をコピーしたものとの非難が起きていた」とも伝えているという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携