四川省の三星堆遺跡から再び大量の文化財が出土―中国

人民網日本語版    2021年9月10日(金) 17時40分

拡大

長江上流域文明の中心とされる四川省広漢市の三星堆遺跡の新たな考古学発見が9日に発表された。

(1 / 4 枚)

長江上流域文明の中心とされる四川省広漢市の三星堆遺跡の新たな考古学発見が9日に発表された。人の顔の大きさほどの金の仮面や美しい神樹紋の玉[王宗]、非常に珍しい、跪いて右を向いている青銅人像、光り輝く金樹葉など、大量の文化財が再び発見された。

その他の写真

新たに出土した文化財の中でも、特に目玉となっているのは完全な形の金の仮面。これまでに発見された金の仮面はどれも一部が欠けていたものの、今回発見された金の仮面は極めて完全に近く、非常に丁寧に仕上げられていて、数千年たった今も燦然と輝いている。専門家は、この仮面は青銅の人頭像に装着されていたのではないかと見ている。

玉[王宗]は祭祀用に使われた玉器で、外形は方柱状で、長軸方向に円形の穴が貫通している。長江下流の良渚文化が起源だ。今回出土した玉[王宗]には「通天神樹」がはっきりと描かれており、数千年前の三星堆の先住民がアクセスが不便な状況下ではるか遠くにある文明と交流していたことを証明しているほか、中華文明が多元化し、他の文明と一体化、さらに互いに融合しながら発展してきたことを物語っている。

新たに出土した跪いて右を向いている青銅人像は非常に珍しい文化財で、非常に精巧なつくりで、その表情も丁寧に表現され、人体比率や筋肉もリアルに作られている。その頭髪は高く上に立ち上がったような形をしており、両手のひらは大きく誇張されている。写実主義とロマンチックなイメージが詰まった一品となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携