中国が世界に提供した新型コロナワクチン・原液が7億回分以上に―中国メディア

人民網日本語版    2021年8月2日(月) 13時50分

拡大

中国国務院の共同対策メカニズムの最新統計によると、中国が世界に提供した新型コロナワクチンやその原液は7億回分以上に達している。

新型コロナウイルスのパンデミックが続く中、発展途上国におけるワクチンのアクセシビリティー向上が、収束に向けた重要課題となっている。中国国務院の共同対策メカニズムの最新統計によると、中国が世界に提供した新型コロナワクチンやその原液は7億回分以上に達している。現時点で、中国が海外に供与、輸出したワクチンの数は、他の国の総和を超えている。新華社が伝えた。

ボアオ・アジアフォーラムで発表された「世界の新型コロナウイルスワクチン応用ビュー報告」によると、世界を見ると、ワクチン接種は極めて不均衡な状態で、発展途上国・地域のほとんどの接種率が低く、アフリカだけを見ると、接種回数が世界全体の2%にも満たない状態だ。

ワクチンを国際公共財とするというのは、中国の世界に対する約束だ。中国の新型コロナウイルスワクチンの主な輸出先は発展途上国だ。途上国のワクチン普及を支援する国際組織「GAVIワクチンアライアンス」は、中国の中国医薬集団(シノファーム)、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)と、今年10月末までに、1億1000万回分の新型コロナウイルスワクチンを調達する事前契約に調印している。11月以降も、長期に渡って、中国からワクチンが調達されることになっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携