韓国、日本で調達の食材に放射線検査=日本のネット民を激怒させる―中国メディア

Record China    2021年7月21日(水) 11時20分

拡大

中国メディアの観察者網は21日、東京五輪に出場する韓国選手団について「弁当持参では足りず、食材の放射線検査も行おうとしている」と報じた。

中国メディアの観察者網は21日、東京五輪に出場する韓国選手団について「弁当持参では足りず、食材の放射線検査も行おうとしている」と報じた。

記事は冒頭、「韓国チームが抗日横断幕を掲げ、日本人が旭日旗を掲げた。韓国チームがトラの横断幕を掲げ、日本の右翼団体が韓国侮辱デモを行った」とし、日韓関係の悪化が五輪にまで影を落としていることを説明。その上で、韓国選手団が食事を持参する上に、韓国選手らが口にする食材について放射線検査を行う予定だと報じた。

報道によると、韓国は選手村での食事に福島県産の食材が使われることを懸念し、近くのホテルに給食センターを設置。来日した調理師らが弁当を作り、競技場などに配達するという。食材は本国から持参したものを使用するほか、日本で調達した食材については詳しい放射線検査を実施するとしている。

観察者網の記事は、「こうした韓国側のやり方は、最近の騒動により相当に刺激されていた日本のネットユーザーたちをさらに激怒させた」と説明。日本のネットユーザーの声として「あいつらは嫌がらせのためなら手間を惜しまない」「あれこれ要求するならボイコットせよ。この国には国産米一粒すら惜しい」「五輪を政治利用し、陥れようとするのが韓国の本質」「韓国人選手だけ異なるものを食べるのならドーピング検査を念入りにした方が良い」などを紹介した。

一方で、「理解を示す日本のネットユーザーもいた」とし、「日本のコロナ対策を見ていれば食材の放射線スクリーニングをしたくなる気持ちも分かる」「どんどんした方が良い。自分の身は自分で守らないと。この国は日本人でさえ信用できない」「自前でやるならどうぞ。それで安心して食べてもらえるならぜひ他の国にもやってもらいたい」との意見を紹介している。

なお、中国も福島第一原発の処理水放出に反対していることから、同記事も「福島県産の食品を使用することに一部の国から抗議の声が上がっていた」と伝えているほか、中国のネットユーザーからは韓国側の措置を支持する声が多数上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携