「中国」と叫んで6歳の韓国系少年を暴行、白人女性に韓国ネット怒り「子どもをターゲットにするなんて」

Record China    2021年7月13日(火) 7時20分

拡大

12日、韓国・ソウル新聞によると、米国で白人女性が6歳の韓国系少年を暴行する事件が発生した。

2021年7月12日、韓国・ソウル新聞によると、米国で白人女性が6歳の韓国系少年を暴行する事件が発生した。

記事によると、被害に遭った少年の母親は7日、SNSに白人女性が大声で暴言を吐く様子の映像を投稿した。事件は4日に米ネバタ州ラスベガスのデパート内で発生したといい、母親は「夫が息子と手をつないで歩き、私は2歳の娘を乗せたベビーカーを押して歩いていたが、突然この女性が人種差別的発言をして6歳の息子の首を叩いた」と主張した。また、「夫が慌てて息子を抱きかかえ『何をするんだ』と抗議したが、白人女性は引き下がらなかった」と説明。さらに「騒ぎを目撃した警備員が近寄ってきたが、何の措置も取らず女性を帰してしまった」と主張したという。

映像の白人女性は非常に興奮した様子で「中国」「あなたたちが何をしたのか全て知っている」などと叫んでいる。そして警備員が近づくと、落ちていた自身の所持品を拾って去っていった。また現地メディアによると、この女性がこうした騒ぎを起こすのは初めてではない。デパート関係者は「過去にはあるアジア系家族につばを吐いたことがある」と話したという。

なお現地警察は母親から通報を受け、この女性を逮捕したという。

新型コロナウイルスの拡大を受け、米国ではアジア系に対する人種差別犯罪が相次いでいる。米下院は5月にアジア系住民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)防止法を賛成多数で可決している。

これを見た韓国のネットユーザーからは「子どもをターゲットにするなんて卑怯」「恐ろしい。少年はトラウマを負ったのでは」「これが超強大国の米国の素顔か。韓国国民の方が素養が高いな」「米国を人権弾圧国に指定するべきだ」など怒りの声が続出している。

また、「アジア人=中国人と思っているのか?」「せめて国籍を確認して」「外国に行くときはみんな『Korean』と書かれたTシャツを着ていこう」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携