勤務中にゲームしていた駅職員がクビに、体温40℃の旅客見落とす=ネット民「40℃!?」―中国

Record China    2021年6月23日(水) 0時20分

拡大

中国江蘇省の蘇州駅で安全検査を担当していた女性職員が、勤務中にパソコンでゲームをしていたことを理由に解雇された。

中国江蘇省の蘇州駅で安全検査を担当していた女性職員が、勤務中にパソコンでゲームをしていたことを理由に解雇された。

複数の中国メディアによると、今月16日、蘇州駅で旅客の体温をパソコンのモニター越しに確認しているスタッフが、別ウインドウを開いてトランプゲームをしている様子が撮影され、ネット上に拡散。この動画では、通過する多くの旅客の体温が38℃を超え、ひどい場合は40℃に達している人もいることが分かる。

蘇州駅は17日、この動画について「基本的には事実。関係者を厳粛に処理する」と説明。22日に当該職員と指導責任者を解雇したことを発表した。

ネットユーザーからは「まさに自業自得」「何を考えているのか。クビで当然」「こういう仕事をいい加減にやるとはいい度胸だ」「蘇州駅ってだいたいこうだよ。男も女も職員はみんな楽しそうにおしゃべりしてる」といった声が上がった。

また、「40℃!?外を出歩ける体温じゃない」「体温が高い人がこんなに大勢いるって、機械がおかしいでしょ?」「この体温センサーはお飾りに過ぎない」「夏で気温が高いと機械はすぐダメになる」「検温なんて形だけ。みんな分かってる」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携