韓国の有名人自殺事件の背後にある性別の不平等―独メディア

Record China    2021年2月21日(日) 11時20分

拡大

独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは15日、「韓国の有名人自殺事件の背後にある性別の不平等」と題する記事を掲載した。資料写真。

独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは15日、「韓国の有名人自殺事件の背後にある性別の不平等」と題する記事を掲載した。

韓国では1月に女優のソン・ユジョンさん(享年26)が亡くなっており、記事は「死因は自殺」と報じられたことを指摘。他にもソルリさん(同25)、ク・ハラさん(同28)といった著名人の名を挙げ、「命を絶った韓国の若い女性芸能人が露わにしたのはフラッシュの中で彼女たちが直面しているメンタルヘルスの問題だ。そして、韓国が高い自殺率への対応に努力する中、若い女性の自殺傾向が依然として驚くべきものであることを示した」と論じた。

そして「原因は複雑だ」とし、ソルリさんについては「事務所がつくり上げたK-POPアイドルドラマのイメージから抜け出し、韓国社会のジェンダー不平等などを暴露しようとしたことがある」と述べた上で、女性のブラジャーを着けない権利をめぐる取り組みがネットで非情な攻撃を受けたと指摘。さらに「この事件がソルリさんを押しつぶしたと多くの人が考えている」と述べ、過去10年間、韓国の若い女性の自殺率は毎年約5%の勢いで増していると説明した。

記事によると、韓国・中央大学の研究者、張淑琅(チャン・スクラン)氏は「女性の自殺の増加はいわゆるウェルテル効果、つまり自殺の模倣によるものではなく、多くの相互に関連する原因によるものだ」と指摘し、貧困、失業、ジェンダー不平等と性別に基づく暴力、世代間の衝突、単身世帯、親による教育の不足、不十分な社会福祉といった要素がこの現象を悪化させたと言及。韓国の仕事文化の男尊女卑は女性にさらに重苦しさを感じさせているといい、張氏はまた別の重要な原因として現在の若者が直面するし烈な競争も挙げたという。

記事は「韓国の若者は新型コロナウイルス感染症がもたらした困難に直面している」とも述べ、「感染が爆発的に拡大する前の青年の失業率は約20%、現在は約25%だ。この健康上の危機の若い女性への影響はより大きい」と説明。昨年前半に感染が広がった後、若い女性の自殺は30%増えたとした上で、「感染症の発生以降、韓国の経済状況は相対的に見て比較的良好で国内総生産(GDP)は1%減少しただけだが、張氏は『韓国経済が輸出駆動型であるためだ。女性を主とする末端、臨時、サービスの仕事に就いている人が直面する苦境については何の助けにもならない』と話している」と伝えた。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携