〈一帯一路実践談21〉1990年仲介開始 伊藤忠から違法教授まで

小島康誉    2020年6月13日(土) 16時20分

拡大

今回は各種仲介を紹介したい。国家間の外交はもとより企業などの交渉でも困難がともなう。写真は伊藤忠商事の中澤副社長と新疆政府の李副主席による総合取引調印式。

習近平国家主席が提唱した「シルクロード経済帯」と「21世紀海上シルクロード」、あわせて「一帯一路」である。経済の道、政治の道であると同時に文化の道、国際協力の道でもある。筆者はその要衝である新疆ウイグル自治区で各種の国際協力を38年間実践してきた。

今回は各種仲介を紹介したい。国家間の外交はもとより企業などの交渉でも困難がともなう。筆者は新疆で世界的文化遺産保護研究・人材育成・相互理解促進の三方面で多数活動をしてきたので、折衝のノウハウや人脈も多少ある。1990年から経済・教育・メディアなど各方面からの要請にもとづき多数仲介し、日中双方から喜ばれている。

伊藤忠商事の中澤忠義副社長らを新疆へ案内、王恩茂元党書記や王楽泉党書記・鉄木尓達瓦買提政府主席・李東輝副主席らへ紹介。双方は総合協定を調印し取引を開始し、伊藤忠はウルムチ事務所も開設。野村證券も同様に紹介した。海部俊樹元首相や佐藤観樹元自治大臣を、日本と新疆との文化交流、地方政府間の交流を促進するために新疆へそれぞれ案内、大歓迎された。奈良女子大学と新疆大学、大阪守口東高校とウルムチ第一高中校との交流協定も仲介。また芝浦工業大学と新疆大学との自然エナジー活用実験や登山活動も実現させた。


(テレビ東京番組で、役所広司氏を新疆ベデル峠へ案内)

NHK・東海テレビ・テレビ東京・フジテレビ番組撮影も仲介した。NHKは「新シルクロード」や「シルクロード・壁画の道をゆく」、東海TVは世界文化遺産キジル千仏洞を舞台とした「新シルクロード考・沙漠に降りた飛天たち」とニヤ遺跡を舞台とした「風砂の蜃気楼-日中共同ニヤ遺跡調査」、テレビ東京「封印された三蔵法師の謎 シルクロード30,000キロに挑んだ男」、フジテレビ「天山を往く 氷河の恵みシルクロード物語」などであり、番組は日本全国で放映され好評を博した。一部は出演もした。NHK「シルクロード・壁画の道をゆく」は30分版も制作され、度々再放送されている。このような仲介でも謝礼はもとより航空運賃なども辞退している。


(違法調査の遺憾表明を仲介し、感謝された新疆日報の記事)

良い仲介ばかりではない。新疆のカザフスタン国境付近で許可なく測量を行い拘束され罰金刑を受けた日本の大学教授らの違法測量のお詫び仲介を日中双方の依頼により行った。新疆日報記事の後半には筆者が彼らのお詫びを仲介し、感謝を表明されたと報じられている。にもかかわらず、彼らと何の関係もない筆者もスパイだとWebにフェイク情報を流されたこともある。

読売新聞や京都新聞が大学・研究所名や教授名入りで報道した。筆者のようにニヤ遺跡・ダンダンウイリク遺跡調査などでも新疆文化庁や文物局と正式協議書を交わし、国家文物局の正式許可をえて調査や発掘を実施してきた者からすると信じられないことである。

■筆者プロフィール:小島康誉 1942年名古屋市生まれ。佛教大学卒。浄土宗僧侶、日中理解実践家。66年宝石専門店を起業し上場企業に育て上げ、96年創業30周年を機に退任。1982年より中国新疆を150回以上訪問し、世界的文化遺産保護研究・人材育成など国際協力を多数実践。佛教大学客員教授を歴任し現在、佛教大学内ニヤ遺跡学術研究機構代表、新疆ウイグル自治区政府文化顧問。編著『新疆世界文化遺産図鑑』『中国新疆36年国際協力実録』など。日本「外務大臣表彰」・中国文化部「文化交流貢献賞」・中国人民対外友好協会「人民友好使者」ほか受賞多数。 ブログ「国献男子ほんわか日記」 書籍はこちら(amazon)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携