韓国の自動車産業が危機的状況、「倒産ブーム」も―中国メディア

Record China    2018年10月30日(火) 6時50分

拡大

29日、中国メディアの環球網は、「韓国の自動車産業が危機的状況にあり、倒産ブームを招きかねない」とする記事を掲載した。写真はソウル。

2018年10月29日、中国メディアの環球網は、「韓国の自動車産業が危機的状況にあり、倒産ブームを招きかねない」とする記事を掲載した。

韓国・news1の報道を引用して伝えたもので、韓国の現代・起亜自動車によると、現代自動車の第3四半期(7~9月期)の営業利益は前年同期比76.0%減の2889億ウォン(約283億円)で、2010年以降で最大の下げ幅となった。起亜自動車も第3四半期の営業利益は1713億ウォン(約168億円)、営業利益率は0.8%にとどまった。

内需の低迷に加えて、最大の輸出市場である米国と中国のほか、一部の新興国でも現地通貨の価値が下がったことによる販売不振が続いているためで、完成車メーカーの業績不振が中小の部品メーカーの倒産を招き、共倒れしかねない状況に懸念の声が上がっているという。

韓国の自動車部品業界は最近、国内完成車メーカーの1次協力会社800社余りを対象に政府支援が必要な金額規模などを調査した上で、政府に対し3兆1000億ウォン(約3000億円)の緊急資金支援を要請した。1次部品サプライヤー上場企業89社の約半数が今年第1四半期に営業赤字を記録している。専門家からは「部品メーカーは完成車メーカーに比べて基礎体力が弱い。部品メーカーの大規模倒産は韓国の自動車産業全体を揺るがしかねない」などの声が出ているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携