「日本に恨みでも?」=またまた台風接近中で旅行者からは悲鳴も

Record China    2018年10月3日(水) 17時20分

拡大

2日、台風25号が日本列島に接近していることが中国版ツイッター・微博で伝えられ、日本と中国の行き来を計画していたり、日本で生活している中国人から悲鳴が上がっている。

2018年10月2日、台風25号が日本列島に接近していることが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられ、日本と中国の行き来を計画している人や、日本で生活している人から悲鳴が上がっている。

微博で日本の情報を伝えるアカウントは、気象庁が発表した情報を基に、非常に強い勢力の台風25号が4~5日に沖縄に接近し、その後、7~8日には西日本に影響を及ぼす可能性があると紹介。気象庁の予報円がわずかに中国本土をかすめていることから、「西寄りならこちらにやってくる」とツイートしている。

中国の大型連休である国慶節(建国記念日)の始まりには台風24号が日本を通過したばかり。ネットユーザーからは「また来たの?」「台風は日本に恨みでもあるのかね?」「今年の国慶節に日本に行った人は、台風に始まり、台風に終わるんだな」といったコメントが寄せられた。

また、「4日昼の沖縄から東京の便が無事に飛びますように」「今沖縄。6日に大阪に戻るんだけど」など、空の便に影響が出ることを懸念する声や、「西寄りなら(中国の)実家に、東寄りなら日本の家に(泣)」という声も上がっている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携