iPhone X、中国市場での需要低迷で生産終了に?―露メディア

Record China    2018年1月23日(火) 7時50分

拡大

21日、KGI証券のMing−Chi Kuo氏は、米アップルのスマートフォン「iPhone X」が、中国市場での需要が低迷しているため、今年半ばに生産終了になる可能性があると予測している。

2018年1月21日、露通信社スプートニクの中国語版サイトによると、KGI証券のMing−Chi Kuo氏は、米アップルのスマートフォン「iPhone X」が、中国市場での需要が低迷しているため、今年半ばに生産終了になる可能性があると予測している。

Kuo氏は、中国の消費者がより大きなディスプレーを好む傾向があること、中国語圏向けの人気アプリがiPhone Xにまだ対応していないこと、iPhone Xの価格が高いことなどから、iPhone Xの今年上半期の出荷台数を前回予想の5000万台から3100万台に下方修正した。さらにiPhone Xの生産が今年半ばに終了すると予想し、ライフサイクル全体の出荷台数も前回予想の8000万台から6200万台に下方修正した。

Kuo氏は以前、アップルが今年、3つの新しいiPhoneを発表すると予測していた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携