Record China

 

731部隊隊員らの実名公開、中国ネットの怒りの矛先は意外な方向に

Record china
配信日時:2018年4月16日 11時20分
  • 731部隊隊員らの実名公開、中国ネットの怒りの矛先は意外な方向に

2018年4月15日、観察者網は、「日本の国立公文書館が旧日本軍の『731部隊』などに所属していた隊員3607人の実名名簿を公開することになった」と報じた。

その他の写真

滋賀医科大学の西山勝夫名誉教授がこのほど記者会見を行い、中国で人体実験を行ったとされる731部隊の隊員ら3607人の実名名簿が国立公文書館で公開されると発表した。今回公開されるのは731部隊を中心とする「関東軍防疫給水部」の「留守名簿」で、1945年1月1日作成とされている。名簿には軍医52人、技師49人、看護婦38人、衛生兵1117人などの実名と階級、連絡先が記されているという。

中国のネットユーザーからはやはり、731部隊や旧日本軍の行為に対する痛烈な批判が数多く寄せられた。また「今ごろ公開して何の意味があるのか。大部分の関係者は教授になったり引退したりして、すでに安閑とした晩年を過ごしたというのに」「日本は教科書の内容を少しずつ、国民が本当の歴史を理解できないように変えていっている」「日中友好はやはり幻想だと思う」といったような意見もあった。

一方で「良心のある日本人もやっぱり存在するんだな」など、資料の公開に向けて努力した日本人を評価する声も見られたほか、「歴史を認めることが、東アジアの経済一体化の第一歩だ」など、今後の日本の歴史認識に変化が生じることを期待するようなコメントも見受けられる。

さらに「米軍は731部隊のデータを受け取りながら、その懲罰をうやむやにした」「実際に他国に対して化学兵器を使ったのは米国だ」など、米国に対する批判も少なくない。そして「1960−70年代の名簿は発表しないのか」「日本の公文書館はすでに多くの資料を発表しているが、中国ではいつ出すのか」「実際、日本よりも中国のほうがもっと派手に事実を改ざんしている」など、怒りの矛先の一部は、文化大革命期の詳細な被害や資料を公表しない中国政府にも向けられていた。(翻訳・編集/川尻

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2018/04/17 12:38)

    人間にとって 「痛い・痒い」の感覚が苦痛や不安やストレス(精神的苦痛/イメージやフィーリング)という幻覚(感覚像)を生み出している先に それを仮想現実視(バーチャル・リアリティ)を実際・気実の亊として捉えている(勘違い/錯覚/誤解/誤認/混同/混乱/錯乱を招いている)だけに過ぎない。 もう少し脳科学の分野がその辺を精神面の成長について更に深めてくれなければ 心理的なメカニズムを解明出来ないであろう。 要するに 愚民や子供の段階から成長して 大人として客観的視点・沈着冷静・クールな心・ハイレベルな精神性を養い培って貰いたいものである。 5歳のチコちゃんに「ボーッと人生過ごしているんゃねーょ!」と怒りをかうところである。 (爆) 知愚大賢・・・・愚かな者は 自身を賢いと思っている(知ったか振りをしている)。 己の愚かさを知ってこそ大いに賢いという意味である。 「無知の知」然り。 
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ひだま***** | (2018/04/17 12:11)

    「米軍は731部隊のデータを受け取りながら、その懲罰をうやむやにした」????・・・・東京裁判で第二項の「人道に対する罪」は 証拠がないので全く適用されなかった。 韓国や中国は 感情的に「人道上の罪」という項目で裁かれなかったことに不満/不服としている為に 幼児の様に感情的な裁きをして欲しいのであろう。 日本では 森村誠一が「関東軍防疫給水部」の731部隊を小説を書いたことによって 論争が始まったのであろう。 所詮、小説・芸術・芝居の類は 感情のなせる業にして 愚民/幼児の心/未熟な心/意識である感情/感動/激情/情熱に訴えることによって成立している代物であるに過ぎない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/04/16 21:52)

    >>「米軍は731部隊のデータを受け取りながら、その懲罰をうやむやにした」 まあ、人体実験をしたとされる731部隊も勿論批判されて然るべきだろうが、それ以上に石井四郎軍医中将と裏取引をしてその罪を不問にした当時のGHQも批判されて然るべきだろうね。 米軍は731部隊から得た「成果」を元に細菌兵器を開発し、朝鮮戦争時に中国軍に対して使用したという話もある。 「悪の枢軸」と戦った「正義の連合国」の正体もこんなものだ。 戦争に正義などはない。特に近代以降の戦争は、勝つためにあらゆる手法を肯定してしまう。例えそれが国際法違反であってもだ。 民間人の大量虐殺を違法としておきながら、ヒロシマ・ナガサキ型の何百倍もの威力を持つ核兵器を、大国は何千発も保有している。 軍を保有していて未来永劫「綺麗」でいられる国はない。それは自衛隊を軍隊にしようとしている日本もまた同じだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有