Record China

 
ヘッドライン:

日本の接続水域に中国の艦艇、批判受けた中国が「真相」明かす

Record china
配信日時:2018年1月12日 11時10分
  • 日本の接続水域に中国の艦艇、批判受けた中国が「真相」明かす

2018年1月11日、中国軍のフリゲート艦が尖閣諸島の大正島沖の接続水域で確認された問題について、米華字メディア・多維新聞は「日本の批判受けた中国が『真相』明かす」と題する記事を掲載した。

報道によると、中国のフリゲート艦が大正島沖の接続水域に入ったのは11日午前11時ごろ。10日午後には宮古島沖の接続水域の水中を航行する外国の潜水艦が確認されており、防衛省はこれを中国軍と考えているという。

多維新聞の指す「真相」が明かされたのは、中国外交部の同日の定例記者会見で、陸慷(ルー・カン)報道官は「先に接続水域に入ったのは日本だ」と主張。「海上自衛隊の艦艇2隻が接続水域に入り、中国海軍は日本側の活動に対する追跡、監視を行った」と述べるとともに、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)とこれに付属する島しょは古くから中国の領土」という説明を改めて繰り返した。

中国国防部もこの件に関して警戒任務を行う「益陽号」が海自を追跡、監視したとのコメントを発表し、「悪いことをしておきながら先に騒ぎ立てる」と日本側を非難。中国紙・環球時報は「中日関係が改善に転じつつある中、日本の艦艇が釣魚島海域を航行。(両国関係における)衝突を引き起こした」と報じている。(翻訳・編集/野谷

あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

The world video

この記事を共有