Record China

 
ヘッドライン:

東京五輪での日本の目標は金メダル30個、実現の鍵は卓球とバド

人民網日本語版
配信日時:2018年1月10日 16時0分
  • 東京五輪での日本の目標は金メダル30個、実現の鍵は卓球とバド

日本オリンピック委員会(JOC)はこのほど、「2020年東京五輪で日本選手団は金メダルを30個以上獲得し、国別金メダルランキングのトップ3入りを果たす」という目標を明らかにした。目標実現の鍵は卓球とバドミントンの2競技になるとしている。広州日報が伝えた。

JOCの山下泰裕強化本部長は昨年10月、「日本選手団は東京オリンピックでリオ五輪の2.5倍にあたる金メダルを獲得できると期待している。2016年リオ五輪では日本は金メダル12個で金メダルランキング世界6位に入った」と話した。

山下氏は、「目標実現の鍵を握る競技は、体操と卓球、バドミントンだ」としている。スポーツ庁の鈴木大地長官もこのほど、「東京五輪では、金メダル目標数を必ず達成すると同時に、より多くの競技でメダルを獲得しなければならない」と指摘した。

リオ五輪で日本はレスリングと柔道、競泳、体操など伝統的に強い競技で金メダルを獲得した。バドミントンでの金は初の快挙だった。

日本では1964年に夏季オリンピックが開催された。日本代表団は自国開催で16個の金メダルを獲得した。2020年東京五輪では33競技339種目が実施されることが確定しており、339個という金メダル数は1964年大会の2倍以上となる。

リオ五輪と比べると、2020年東京五輪では「3x3バスケットボール(3人制バスケットボール)」や卓球の混合ダブルスなど16種目が新たに採用される。このほか、空手道や野球・ソフトボール、スポーツクライミング、サーフィン、スケートボードの5競技18種目が新たに追加されることが決定している。これらの中には日本が得意とする種目も少なくない。

日本のスポーツ界は、レスリングと柔道、空手道、競泳、体操、マラソン・競歩、ボクシング、卓球、バドミントンなど、得意とする新旧種目で20個以上の金メダルを獲得できると考えている。また、野球・ソフトボール、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの各種目でも金メダル獲得の可能性があるとみている。

日本メディアは金メダル獲得についてより具体的に予測しており、2017年ウエイトリフティング世界選手権で銀メダルを獲得した糸数陽一、フェンシング世界選手権男子フルーレ個人の銀メダリスト西藤俊哉・銅メダリスト敷根崇裕、陸上競技男子競歩・400メートルリレーなどはいずれも、東京五輪で金獲得の可能性が高いとしている。

日本のメダル目標達成の鍵を握るとされている卓球とバドミントンは、中国の得意とする種目でもある。

五輪の中間年に開催されるバドミントンの2016年トマス杯において、男子団体で日本は中国を下し、日本女子もシングルスとダブルスで中国と互角の戦いを繰り広げた。

また卓球では、日本はこれまでずっと、揺るぎない中国の王座を脅かすことができずにいた。過去の五輪2大会ではいずれも銀メダルが最高だった。だが、昨年の世界卓球選手権混合ダブルスでは、ついに日本が金メダルを獲得。また、中国卓球コーチ陣の人事異動も、中国が東京五輪でも王者の地位を守れるかどうかを不確定とする要素のひとつとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

The world video

この記事を共有