Record China

 
ヘッドライン:

「どうりで日本の神社仏閣は…」さい銭を数える様子に中国ネット反応

Record china
配信日時:2018年1月7日 21時40分
  • 「どうりで日本の神社仏閣は…」さい銭を数える様子に中国ネット反応

2018年1月6日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、日本の神社でさい銭を数える様子について伝える投稿があった。

投稿者は、京都府の伏見稲荷大社では毎年1月4日に、1日からの3日分のさい銭を数えると紹介。伏見稲荷大社は商売繁盛の神さまであるためさい銭が多く、「7人で5時間以上かけて数える」と伝え、さい銭を数える様子の動画を貼りつけた。

これを見た中国のネットユーザーから「どうりで神社仏閣は金持ちなわけだ」「これが入場料不要の理由だな」「伏見稲荷大社はきっと日本でも有数の金持ち神社だろう」などのコメントが寄せられた。

また、「日本の神社仏閣は税金を払わなくていいからな。さい銭の多い神社は超金持ちだ。たぶんお寺は神社より金持ち。法事とかで繁忙期は超忙しいから」と説明するユーザーもいた。

しかし、「なんで機械で数えないの?」との素朴な疑問も寄せられたが、「きっと儀式的な感じがするからだろう」との回答があった。

ほかには、「米ドルもあるな。1元硬貨も見えた」「1元入れたのはいったい誰だよ」というコメントもあり、外国人もおさい銭を入れているのかもしれない。(翻訳・編集/山中)

あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 閑人***** | (2018/01/08 07:48)

    >「米ドルもあるな。1元硬貨も見えた」「1元入れたのはいったい誰だよ こういうゴミ硬貨を入れる奴が居るから、手作業せざるを得ないんだよ まあ実際はただの話題作りだよね 他所じゃあ銀行員が出向いて機械使って数えたり等してるし
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有