Record China

 
ヘッドライン:

「強すぎる中国」に敗れた日本の監督が涙、中国ネットの反応は?

Record china
配信日時:2017年9月13日 11時50分
  • 「強すぎる中国」に敗れた日本の監督が涙、中国ネットの反応は?

2017年9月12日、騰訊体育は、バレーボール女子のワールドグランドチャンピオンズカップ最終戦で中国に敗れた日本の中田久美監督が涙を流したと伝えた。

10日、日本はすでに優勝を決めていた中国と対戦。1−3で敗れ、2勝3敗の5位に終わった。中国は全勝。試合後のインタビューでは、中田監督が涙を見せる場面も。中田監督は「本当によくチャレンジしてくれた」と選手をたたえ、「高さと隙きのなさ、強さ」を持つ中国を念頭に強化を進める必要性を口にした。

騰訊体育は、この結果を報じた日本のメディアやネットユーザーの声を紹介。中国の「高さだけに頼らず、機動力を活かした強さ」に言及するものや、日本の弱点を客観的に指摘する記事を取り上げている。また、ネットユーザーのコメントとして「中国強すぎる」という感嘆の声や、「東京五輪で金メダルを取るためには(日本は)変わらないといけない」とさらなる成長を促す声があったことを伝えた。

総じて謙虚に相手の強さをたたえ、自らの弱さを反省する日本姿勢に、中国のネットユーザーは思うところがあったようで、騰訊体育の記事のコメント欄では「日本は謙虚なのに、中国は負けた後にこういう態度が見られない。審判がどうだったとか、相手がひきょうだったとか…。もっと謙虚に学ぶべきだ」といった声や、「日本はこぼれ球の処理も連携も良かった。それに引きかえ中国には足りない部分が多い。背の低い日本を相手にブロックがなかなか決まらなかったし、レシーブも良くはなかった。もちろん力はあるが、スパイクが強ければそれでいいのか?」といった声が他のユーザーから高い評価を得ていた。

このほか、「日本の技術とディフェンスは確かに素晴らしい。ディフェンスだけで言えば、日本は世界トップ3に入るだろう。ただフィジカル、中心選手の実力においては、世界トップからまだだいぶ差がある。東京五輪は地元だが、日本の現実的な目標は決勝進出くらいだろう」という分析や、「勝って浮かれるなかれ。日本の守備は中国より明らかに上。日本の安定した守備力を手に入れられれば中国は無敵」といった声も聞かれた。(翻訳・編集/北田

あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/09/14 14:08)

    (追伸)男子バレー唯一の金メダル獲得の故松平監督は、当時190㎝台の欧米チームに比べ平均10㎝以上低かった日本チームの大型化のため、それまでの高校時代の有力選手の中から代表選手を選ぶ選抜方法をやめ、バレーの経験のあるなしを問わずまず大男を集め、先発選手の平均身長を190㎝台にして当時の欧米選手に遜色ない高さの選手を揃え、彼らに松平監督が考案したトレーニング方法(通称松平サーカス)で鍛えるとともに、いわゆる速攻戦術を世界で初めて生み出し、ベルリンオリンピックで金メダルを獲得した。最初の頃は大きい選手は見ていられないほど下手で、その強引なやり方に批判も多かった。身長制を導入しないのであればこれに学ぶべきである。ただ松平氏は、金メダル監督という名声から絶大な影響力を持ち、監督退任後も後任の監督人事や、監督の采配や選手起用にまで口を出しその後の男子日本チームの低迷の原因にもなった人である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2017/09/14 13:44)

    バレーボールとバスケットボールに関しては身長制を導入すべきであるというのが私の長年の主張である。長年テレビ観戦を続けてきた者として、女子バレーボールについていえば、チームの平均身長差が10㎝以上あるときは低い方がどれだけ技術力で勝っていても95%以上の確率で勝てないという現実があるように思われる。昔柔道が世界的に普及していなかった時代には150㎝の小男でも200mの大男を投げ飛ばすことは可能だったが、今では体重制が導入されている。私の提案は、出場選手の平均身長が10㎝以上開きがあるときは大きいチームは小さいチームとの差が10㎝以下になる様小柄な選手に入れ替えなければならないというルールの導入である。これにより小さな選手もリベロだけでなくスパイカーとしての活躍の道も開ける。試合としても今よりも変化に富んだ面白いものになろう。低身長国中実力世界一の日本だからこそ説得力ある提案ができるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2017/09/13 13:18)

    韓国以外は全て格上の相手でしたから良く頑張ってくれたと思いますよ。 特に今回2位となったブラジル相手に勝利した事やストレート負けが無かったのは本当に凄かったね。 そして世界中が日本の粘りを評価してくれたのは本当に嬉しいね。 次は男子だけど……厳しいだろうね~。 因みに韓国は当然の事ながら一つもセットカウントを取れずに全敗でした。 特に中国vs韓国は1時間3分の今大会最短時間、最長は日本vs米国の2時間26分
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有