コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 

映画「追龍」で麻薬王のドニー・イェン、厚い唇と大きな鼻にこだわり

Record china
配信日時:2017年9月12日 19時10分
  • 映画「追龍」で麻薬王のドニー・イェン、厚い唇と大きな鼻にこだわり

2017年9月11日、映画「追龍」でめったにない悪役を引き受けているアクションスターのドニー・イェン(甄子丹)だが、最初の心配は早々に忘れて役作りに没頭したことを語っている。香港01が伝えた。

その他の写真

ドニー・イェンとアンディ・ラウ(劉徳華)、香港映画を支えるビッグスターの初共演が話題になっている映画「追龍」。1991年に大ヒットした「跛豪」(To Be Number One)のリメーク作品と言われるもので、実在の人物である麻薬取引集団の巨頭、呉錫豪(ン・シーホウ)をドニー・イェンが演じている。

愛妻家で子ども思いのよきパパとして有名なドニー・イェンは、近年は家族への影響を考えて、演じる役を選んできた。しかし今回めったにない悪役を演じることについては、「子どもにどう説明すれば…」としばらく悩んだことを明かしている。

しかし、いざ引き受けた後はたちまち役者魂が燃え上がって役作りに没頭。呉錫豪の潮州(中国広東省東部)なまりの広東語を方言指導の専門家について学び、潮州人らしさを身に付けるため現地にも飛んだ。さらに、こだわりはビジュアル面にも広がり、潮州人の顔立ちについても研究。自分の友人の潮州人たちはいずれも「唇が厚くて鼻が大きい」という特徴があったため、これに近づけるようハリウッドからメーキャップアーティストを招き、毎回3時間かけて顔に手を加えてもらったことを明かしている。

映画「追龍」は9月下旬に香港、中国、台湾で一斉に公開予定となっている。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

The world video

この記事を共有