コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 

小田急線の沿線火災、乗客の冷静対応と死傷者ゼロに中国から驚きの声

Record china
配信日時:2017年9月12日 0時23分

2017年9月11日、網易によると、東京都渋谷区代々木の小田急線沿いの建物から出火し、近くで緊急停止した普通電車の屋根に燃え移り、乗客約300人が避難したトラブルで、中国のネット上には日本人の冷静さを驚く声が上がっている。

中国ネットに上がった主なコメントは以下の通り。

「政府の対応能力を信じられて初めて、冷静に避難もできる」
「日本人は地震や突然の災害でも犠牲者を最小限に食い止める。危機に際しても取り乱さない。日本人を見くびってはダメだ」

「思ったっ通り将棋倒しは起きなかったな」
「誰も死ななかったのか?」
「民度の表れだ」
「なぜ大慌てで逃げないんだ?」

「対処法を学ぶべき」
「日本人は急いでいても電車に乗る時きちんと並び、降りる人を優先する。いいことだ。中国ではなぜ先を争って乗るんだ?」
「いつも冷静に秩序を守って避難する日本人。感心させられる」

「けが人ゼロ。偶然ではない。国民の素養のなせるわざだ」
「日本人は緊急事態に対処する必要が比較的多いんだな」(翻訳・編集/大宮)

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2017/09/12 02:43)

    問題点は多数ある。ちゃんと原因調査して改善策を立てるところまでマスコミは取材報道してほしい。小田急線利用者も関心を持って小田急の報告に注目を。 (1)火災現場に停車したこと (2)5分間も動かず屋根に燃え移ったこと (3)燃え移ってから5分も動かなかったこと (4)動いたがすぐに止まり火災現場から離れなかったこと (5)電車内に煙が充満したが換気のために窓とドアを開けなかったこと。 (6)電車が燃えていることを車内アナウンスで乗客に知らせなかったこと。 屋根の絶縁塗料が燃えたが車内は燃えていない。警察官が駅直前にある踏切の信号機の緊急ボタンを押した結果、自動的に電車が止まり、そこが火災現場だった。運転手が電車を動かさなかった為に引火した。明らかにシステムかマニュアルに不備があった。こういう事態を全く想定していなかった。
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有