コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 
ヘッドライン:

中国は米国と並ぶ科学先進国になる―日中次世代交流委事務局長

八牧浩行
配信日時:2017年9月10日 8時10分
  • 中国は米国と並ぶ科学先進国になる―日中次世代交流委事務局長

2017年9月8日、超党派の国会議員で構成する「日中次世代交流委員会」の伊佐進一事務局長・衆院議員が「科学技術と日中交流」と題して日本記者クラブで講演した。「中国は科学技術の推進を国家の最優先課題として突き進んでいる」と指摘。米ロに続く有人宇宙飛行を実現した宇宙開発技術、世界第1位のスパコンのほか研究論文数や特許出願数などを事例に、中国は米国と並ぶ科学技術先進国になりつつあると予測した。

伊佐氏は文部科学省出身。惑星探査機「はやぶさ」など宇宙開発政策を担当。2007年から3年間、科学技術担当書記官として在中国日本大使館に勤務。12年から衆院議員(公明党)。超党派国会議員による日中次世代交流委員会の事務局長を務めている。

発言要旨は次の通り。

中国は科学技術の推進を国家の最優先課題として突き進んでおり、米ロに続く有人宇宙飛行を実現した宇宙開発技術、世界第1位のスーパーコンピューターなど、めざましい進歩を遂げている。

中国の研究員は急増しており、約150万人と米国の約125万人を凌駕している。研究論文数や特許出願数でも米国に肉薄する勢いだ。米国から見た国際共著論文の相手先は中国が総合1位。かつて総合1位だった日本は7位に転落している。8分野中、中国は化学、材料科学、計算機科学・数学、工学、環境・地球科学、基礎生命科学など6分野で1位と米中は強固な協力関係にある。特許出願件数でも米国に並び、科学技術大国に発展する可能性がある。日中の立場は、ひと昔前とは完全に逆転している。

中国の巨大な消費市場を取り込むため、日本企業は「優位性」を活かした協力が可能となる。「中国生活研究センター」(パナソニック)や水膜処理技術などが好事例となる。(八牧浩行

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 8
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hir***** | (2017/09/11 00:04)

    ノベル賞は30年前の業績。これから中国人がとるでしょう❗
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hir***** | (2017/09/10 16:23)

    これから中国の科学技術はさらに発展するでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2017/09/10 12:36)

    ではなぜノーベル賞の受賞者が出ないの? この伊佐という衆議院議員は紙の上の情報だけでものを言っているだけ、生の製造現場の状況は何も知らない。 超精密分野の技術蓄積がないから、すぐ墜ちる飛行機や戦闘機を作り、輸出するから困ったことになっている。 宇宙科学と言っても、旧ソ連やロシアのパクリ技術でしかない事を知らない。 中途半端な技術で世界一と言い、それらの製品を堂々と輸出するから、禄でもない結果をもたらす。 中国国内だけに留めておればいいが、すぐに輸出しようとする。 もっと生の現場を見よ!!
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有