Record China

 
ヘッドライン:

韓国で日本の大学を目指す中高生が増加「入試も就職も楽だから」

Record china
配信日時:2017年7月12日 7時10分
  • 韓国で日本の大学を目指す中高生が増加「入試も就職も楽だから」

2017年7月11日、韓国・ニュース1は、最近韓国で、多くの中高校生が日本の大学を目指している現状を伝えた。

韓国ではここ数年、日本留学への関心が高まり、毎年6月と11月に行われる日本留学試験(EJU)の受験者数は着実に増加、今年6月には過去最高となる2800人が申し込みを行ったという。

修学能力試験(日本の大学入試センター試験に相当)の準備をしたものの思ったような成績が出せず、後になって日本の大学を目指す人もいるが、中学3年から高校1年ごろに早々と韓国での大学進学を諦め、日本留学の準備に入る人もいるそうだ。

ソウル市内で日本留学を目指す生徒を対象とした塾を運営するイ院長は「年平均500〜600人程度の生徒がこの塾から日本の大学に進学する。毎年、日本留学を準備する生徒が増えている」と述べた。

イ院長は、こうした動きの背景について「入試が簡単で、卒業後の就職も容易だから」という点を挙げている。日本の大学入試では高校時代の内申点がそれほど重要視されず、留学試験も修学能力試験よりレベルが低く設定されているため、韓国人の場合、日本人でも行きにくい名門大学に行きやすいというのだ。また、若者の失業率が高止まりしている韓国に比べ、日本の高い就職率は留学生にとっても大きな魅力だ。

また、学費などの経済的負担が少ない点も日本留学の魅力の一つだと記事は指摘、少子高齢化が進む日本では政府レベルで外国人人材の誘致に積極的に乗り出しており、留学生対象の奨学金も多種用意されていると紹介した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「仕事があれば日本で暮らしてもいい」「日本に行きたい」など、国内の就職難を背景に、日本への憧れを示す声が多く寄せられた。

その一方で、「今、東京で暮らしている。給料は約200〜220万ウォン(約20〜22万円)だけど、家賃がハンパなく高い。税金も韓国の約2倍はかかる。いいこともあるけど、大変なことも多いよ」「日本生活10年目になるけど、知り合った韓国人留学生はほとんど帰国してしまった。僕のように残っている人はごく少数。現実逃避の留学は、人生を台無しにする近道だぞ」など、日本での現実に触れた意見もみられた。(翻訳・編集/三田)

あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

The world video

この記事を共有