あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 

「慰安婦問題を知ろう」米アトランタの大学で動き広がる

Record china
配信日時:2017年5月18日 19時40分
  • 「慰安婦問題を知ろう」米アトランタの大学で動き広がる

2017年5月18日、韓国・聯合ニュースによると、米ジョージア州アトランタで、大学を中心に慰安婦問題についての研究・討論の動きが広がっている。

アトランタ慰安婦少女像建立委員会などによると、アトランタへの少女像の設置計画が今年3月、アトランタ国立民権人権センターの突然の約定不履行により頓挫したことを受け、現地の韓国人学生らは慰安婦問題を知らせるための活動を始めた。

国立民権人権センターはセンターの敷地への少女像の設置を許可していたが、「本来の設計と違う造形物をセンターの外部に設置してはならない」という定款を理由に約束を取り消した。同センターの約定不履行は日本政府による妨害行為が大きく影響したと韓国メディアは伝えている。駐アトランタ日本総領事がアトランタ商工会議所、民権人権センター、アトランタ市庁の関係者と相次いで面談し、「少女像を設置したら日本企業が撤収する」と圧力をかけたとの情報もあるとしている。

これを受け、ジョージア州立大学法学専門大学院のアジアンロースクール学生会はアトランタの慰安婦少女像建立委員会と共に、同大学院の模擬法廷教室で慰安婦を題材にした韓国映画「鬼郷」の上映会を開催した。ロースクールの教授と学生ら約50人は同映画を観覧した後、慰安婦問題について熱い討論も繰り広げたという。また、エモリー大学キャンドラー神学大学院では最近、大学内のブログに「私の問題、私たちの問題、神の問題」と題する文章が掲載され、話題を集めた。文章は日韓の大学生らがそれぞれの視点で慰安婦の犠牲者を悼む内容だという。

ある日系大学院生は「慰安婦問題は今日の米国全域で行われている女性拉致問題に似ている」とし、「アトランタに少女像を設置するための草の根運動を継続して行わなければならない」と述べた。ある韓国人学生もブロクで「慰安婦問題は他人事ではない」と主張し、「今も世界のどこかで女性らが慰安婦のように虐待されているという事実を忘れてはならない」と指摘した。

さらに、アトランタへの少女像設置運動も再び活発化している。アトランタ慰安婦少女像建立委員会は現在、違う設置場所を探している。委員会関係者は「近日中に設置場所を確保できるだろう」とし、「私たちの目的は少女像の設置と共に慰安婦問題を米国内に広めること」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーからは「ありがとう」「米国内の韓国人はこうして努力している。韓国にいる私たちもより大きな努力をするべき」「どの国にいてもわれわれは仲間。力を合わせて日本政府と戦おう」など感謝や応援コメントが寄せられている。

そのほか、「慰安婦問題は大作映画を作って世界に知らせるべき問題だ」「世界中の女性がこれ以上性的な虐待を受けないように、慰安婦問題は女性の人権問題として広く認識されなければならない」と主張する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら

関連記事

この記事を共有