Record China

 
ヘッドライン:

訪日客に期待、高級感・日本文化前面に―『ギンザシックス』オープン

八牧浩行
配信日時:2017年4月20日 16時30分
  • 訪日客に期待、高級感・日本文化前面に―『ギンザシックス』オープン

2017年4月20日、東京・銀座で最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」(銀座松坂屋跡)がオープンした。ファッションや服飾雑貨、飲食など241店舗が出店。クリスチャン・ディオール、サンローラン、フェンディなどブランドショップの半数以上が旗艦店で、高級感を前面に出して、富裕層や訪日外国人客にアピール。土産物や観光案内などを充実させるほか、地下3階に文化交流施設として「観世能楽堂」を設置するなど日本文化を前面に押し出している。

その他の写真

オープン初日の20日には、多くの人々が詰めかけ、昼前には入場まで1時間待ちの状態。中国人観光客をはじめとする外国人訪日客も目立った。

外国人観光客に対応するためのサービスも充実。建物内の1階に観光バスの乗降所を設け、隣接するツーリストサービスセンター「ターミナルギンザ」に、観光案内や外貨両替、手荷物の一時預かりなどを設置した。地下駐車場には大型バス4台が駐車できるスペースを設けた。これにより苦情が出ていた銀座中央通りでの路上駐停車が一掃される見込みだ。
地下1階の化粧品売り場はメークの相談窓口やエステサロンを充実させた。訪日外国人客の間で、高額化粧品の大量買いよりメークのアドバイスや美容体験を求める需要が広がっていることに着目。さらに屋上には商業施設で最大となる展望庭園を設置、早くも多くの観光客で賑わっている。

運営会社の大丸松坂屋百貨店の好本達也代表取締社長は「外国人客にも満足していただけるよう高級ブランドを集めた。地下には観光バスも駐車できるスペースも確保した。東京の新たな名所として巣立てた」と、外国人訪日客のパワーに期待している。(八牧浩行

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

The world video

この記事を共有