あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 

平野美宇が世界ランク2位も撃破!=中国ネット「番狂わせではない」

Record china
配信日時:2017年4月15日 17時0分
  • 平野美宇が世界ランク2位も撃破!=中国ネット「番狂わせではない」

2017年4月15日、中国の無錫で行われている卓球のアジア選手権女子シングルスで、日本の平野美宇が前日の世界ランク1位の丁寧(ディン・ニン)に続き、同2位の朱雨玲(ジュー・ユーリン)までも撃破。決勝に進出した。

前日のリオ五輪金メダリストの丁寧との戦いでは、2セットを連取されながら3セットを奪い、大逆転で勝ち上がった平野。この日は世界ランク2位を相手に、3−0(11−7、11−9、11−8)のストレートで決勝進出を決めた。

中国のスポーツメディア・騰訊体育は「またも番狂わせ!平野が決勝へ」と題する記事で試合を詳報。敗れた朱雨玲は「相手のサーブにリズムを乱された。第2セットでリードした時もサーブをきちんと受けきれなかったことで逆転を許した。後は帰ってからしっかりと総括したい」と絞り出した。

朱雨玲のコーチは「(朱は)勝ちたい気持ちが強く、負けるのを恐れた。日本の選手は勢いで突っ込んでくるだけだと思っていたが、技術が形になっていてすでに先進的だ。これから我々はさらに深く研究していく」と語ったという。

中国のネットユーザーからは、「日本が台頭してきた」「これが以前、『五輪で金メダルを取る』と言って中国人に笑われたあの子だよ」といった声や、「何が番狂わせだ!最初から優勝が決まっているわけでもあるまいし」「相手には間違いなく実力がある」「平野はワールドカップチャンピオン。番狂わせではない」「2度目は番狂わせではない。中国はいいかげんに目を覚まさないといけない」など、勝つのが当然であるかのように報じる自国メディアへの戒めともとれるコメントも少なくない。

いずれにせよ、前日の丁寧撃破から中国ではさらに焦燥感が高まっていることは間違いないようだ。平野は決勝で世界ランク5位・中国の陳夢(チェン・モン)と対戦する。優勝すれば同大会では1996年に女子シングルスで優勝した小山ちれ(中国名:何智麗)以来、21年ぶりの日本選手優勝の快挙となる。(編集/北田)

あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら

関連記事

The world video

この記事を共有