コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 

ガイドをしていて実感、中華圏の女性はなぜ「桃」に執着するのか?

小林 晶子
配信日時:2017年4月15日 14時10分
  • ガイドをしていて実感、中華圏の女性はなぜ「桃」に執着するのか?

2016年7月6日〜9月24日の2カ月半の間に、フルーツ狩りのガイドを7回もした。お客さんの内訳は、香港人4組、台湾人2組、マカオ人1組だ。中国人が1組もいなかったのは少し残念。

その他の写真

このツアーは、福岡県の果樹栽培が盛んな地域(田主丸・浮羽・朝倉)を巡るもの。ツアーの行程は、(1)田主丸で巨峰狩り→(2)巨峰ワイナリーのワインセラー見学及びフルーツワインの試飲→(3)浮羽道の駅で買い物→(4)キリンビアファームで焼肉食べ放題。

一番最初(7/6)に担当したお客さんは、台湾の夫婦と大学生の娘。バスに乗り込むなり奥さんが聞いてくる。「今日は何のフルーツを採るの?」。実はこのツアー、年間を通してあるので、時期によって採るフルーツが変わるのだ。だから、お客さんはツアーを申し込んだ時点では、何のフルーツを狩るのか分からない。私が「葡萄です」と答えると、彼女はガッカリした様子だった。

「今、スーパーで桃が売られているのに、なぜ桃ではないの?」。私にとってもこのツアーは初めて。だから、採るフルーツの種類がどのようにして決まるかは、当時知らなかった。とは言うものの、まさかガイドが「桃でない理由を知りません」とも言えない。仕方なく「今回は巨峰狩りと決まっているのです。でも、巨峰狩りも悪くないですよ。なぜなら、ここ田主丸は巨峰発祥の地なのですから。発祥の地での巨峰狩りは、良い思い出になると思いますよ」とごまかしておいた。一応、その線で押し通したが、現在台湾でも巨峰が大量に栽培されているので、あまり説得力がない。それに、マンゴーやパパイヤが豊富に採れるフルーツ王国・台湾でも、桃は意外に小さくて硬いのだ。彼女が桃狩りに執着する訳はよく分かる。こうなれば、話題を変え、別のことで楽しんでもらうしかない…。

2回目(7/10)のお客さんは香港人の親族5人。その中の1人である中年女性も聞いてきた。「今日のフルーツは何ですか?」そして葡萄と聞くとやはり同様の反応を示した。彼女いわく「桃って、何かとても神聖な果物なのよ」。あとで知ったが、香港も台湾同様、南国のフルーツは安いが、日本産の果物は高いそうだ。桃1個が日本円で千円もするという。どうりでこだわるはずだ。

2回連続でお客さんから桃をせがまれたのだから、私もちょっと桃について調べてみることにした。実際、私自身も桃狩りをしてみたい。そこで、福岡県内で桃狩りができる所を探してみると、2カ所あった。が、どちらも桃狩りができる期間が非常に短く、約10日間。しかもその年は異常気象で、桃の実が早くから落ちだし、さらに短くなっていた。でも、私は現地に居る。期間が短くても、何とか時間をやりくりして行くぞ!とばかり、雨の降る中、下見を決行。そこで写真を撮ってきた。

3回目(7/28)のお客さんはマカオ人。母親2人とそれぞれの息子2人のグループだった。母親の1人から、また例の質問が出た。そしてその後の反応も全く同じ。「う〜ん、マカオ人よ、お前もか!?」。私は心の中でつぶやいた。でも、今度は私も行動を起こしており、証拠写真も撮っていたので強い。私は自分が採った桃の写真を見せながら、「桃がいかにデリケートな果物で、採れる期間がいかに短いか」を滔々(とうとう)と語った。それでも、彼女は桃に対して未練たっぷりな様子だった。

4回目(7/31)のお客さんは、香港からの30代女性2人組。この時すでに桃の時期が終わりかけていた。だから、さすがに「是非、桃狩りを!」とは言ってこなかった。でも、今までで相当懲りていた私は、良いことを思いついた。それは、行程の3番目「浮羽道の駅」で、贈答用の立派な桃が売っている場所に連れて行く事だった。案の定、2人は大きな桃に目を輝かせ、12個入りの箱を何と1人2箱も買った。聞いてみると、生のフルーツは普通、外国へ持ち出せないのだけれど、香港だけは例外的に可能なのだそうだ。

確かに日本の桃は、甘くて柔らかくて水分たっぷり。中華系の人達に人気なのはよく分かる。それにしても、桃にこだわるのは女性が多い。どうしてなのだろう? 香港の女性が言った「桃は神聖な果物」という所にヒントがあるのではないか?

中国の古典小説「西遊記」の最初に、西王母の大切にしていた桃園の桃を、孫悟空が盗み食いする場面がある。西王母とは非常に位の高い女神だ。彼女がなぜ桃を大切にしていたかというと、その桃は6000年に1度しか実らない仙桃で、それを食べると寿命が延び、歳をとらなくなるからだ。「歳をとらない」つまり今風に言えばアンチエイジング。なるほど、これは女性に受ける!中華系の女性はきっと、桃にアンチエイジングのイメージを重ね合わせているのだろう。

■著者プロフィール:小林 晶子
外国語大学で中国語を専攻。結婚後、夫の転勤で台湾へ。その地で出産を経験。その時受けたカルチャーショックが原動力となり執筆を開始。その後、中国大連へ転勤。合計7年過ごす。3年前よりガイド資格を取り、日本を訪れる中国人・香港人・台湾人・華僑のガイドとなる。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2017/04/15 19:47)

    余談になるが、古事記の中に黄泉の国に死んだ妻を迎えに行った『イザナギの命』が、鬼に追いかけられて逃げ回った末、桃の実を投げつけて撃退するエピソードがある。桃には鬼を倒す力があり、これが『桃太郎の鬼退治』につながるわけだが、この話には別の解釈がある。イザナギは黄泉の国にしかない神秘の果実を盗み出したため鬼に追われたのだ。そして逃げきれないと悟って実を捨てたため、鬼はもう追わなかったのだろう。果実を巡る人間と鬼(悪魔)の話は西洋にもある。比較してみると面白いかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有