あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 

朝鮮人とディズニーランド、それぞれの4月15日

北岡 裕
配信日時:2017年4月12日 17時30分
  • 朝鮮人とディズニーランド、それぞれの4月15日

4月15日は金日成(キム・イルソン)主席の誕生日を祝う太陽節。今年は105周年ということもあり祝賀行事は例年以上の盛り上がりを見せているはずだ。

一方で米朝間の緊張も過去最高レベルに近く、核実験や飛翔体発射実験と軍事衝突の懸念が日々高まっている。

緊張高まる朝鮮半島を少し離れてみたい。4月15日といえば東京ディズニーランドの誕生日でもある。1983年の開園だから今年で34年を迎える。奇妙な巡り合わせだ。

東京ディズニーランドと北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国の関係から想起されるのが金正男(キム・ジョンナム)氏。2001年、成田空港で入管難民法違反容疑で拘束・収容された際の「ディズニーランドに行くつもりだった」というとぼけたコメントはよく知られるところだ。

北朝鮮にとって不倶戴天の敵である米国の文化の象徴的存在であるディズニーだが、北朝鮮現地でここ数年、子どもたちがディズニーキャラクターが描かれたリュックサックを背負って歩く姿をよく見るようになり、少しどきりとする。在日朝鮮人に聞くと「中国からのものでしょうね。でもたぶん、米国のキャラクターとは分かってないと思う」という。カンヌ国際映画祭でも上映され、日本でも上映された北朝鮮映画「ある女学生の日記」(金ラエ監督・朴ミヒャン主演、2007年)も、女の子が背負うディズニーキャラクターの描かれたリュックサックのアップで始まる。

ところで朝鮮総連や朝鮮学校などの休日は北朝鮮本国と同じである。だから4月15日は当然祝日となる。他にも例えば2月16日の光明星節(金正日〈キム・ジョンイル〉総書記の誕生日)、9月9日の建国記念日など、日本では平日だが祝日となる日が年間何日か発生する。すると首都圏近郊の在日朝鮮人の方たちが多く出かける場所が、東京ディズニーランドというのだ。「園内を歩いていると親が子どもを呼ぶ声が聞こえるのだけど、これって朝鮮人の名前だよなぁと思うことが多いです」と笑うのは在日朝鮮人の友人。だがそこにはリスクもある。デートでディズニーランドに出掛けると、かなりの確率で現地で知り合いや友人に出くわしばれるというのだ。なるほど。在日朝鮮人の立場で考えるとデートでディズニーランドに行くのは勇気が必要、否、デートでディズニーランドに出かけることのできるカップルは揺るぎなき覚悟を決めたカップルといえるのかも知れない。

■筆者プロフィール:北岡裕
76年生まれ。東京在住。過去5回の訪朝経験を持つ。主な著作に「新聞・テレビが伝えなかった北朝鮮」。コラムを多数執筆しており、朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」では異例の日本人の連載で話題を呼ぶ。講演や大学での特別講師、トークライブの経験も。

あなたの知識と経験をレコードチャイナで生かしませんか?
コラムニストアドバイザー中国語ガイド翻訳者(中国語・韓国語)を募集中です!
詳しくはこちら

関連記事

この記事を共有