Record China

 
ヘッドライン:

日本の専門家も驚き!中国の不動産はバブル期の東京を超えた?

Record china
配信日時:2017年3月20日 5時10分
  • 日本の専門家も驚き!中国の不動産はバブル期の東京を超えた?

2017年3月19日、財経網が、中国の大都市の不動産価格はバブル期の東京を超えたと伝えた。

中国国務院発展研究センター主催の「中国発展ハイエンドフォーラム2017」で、野村ホールディングスの古賀信行会長は、中国の大都市の不動産価格は1980年代末バブル期の東京を超えたとの見方を示した。古賀氏によれば、中国大都市の不動産価格はバブルのレベルに達しており、北京や上海、深センの住宅価格は一般家庭の収入の20倍を超えていて、これは80年代末の不動産バブルの東京を超えたレベルだという。

不動産価格を抑えるため、多くの都市が住宅ローンの規制を強化したり、購入制限をしたりなどの対策を行っているものの、多くの普通の中国人にとっては価格が高すぎると指摘した。この問題を解決するための方法として古賀氏は、農民に土地所有権を与え、農民が直接土地取引できるようにすることなどを提案した。

これに対し、中国のネットユーザーから「でも収入はバブル時代の東京に遠く及ばない」「日本は世界で最も貧富の差が小さい国。中国は世界でも貧富の差が大きな方の国だ。東京より北京の不動産の方が高くてもおかしくはない」などのコメントが寄せられた。また、「中国の土地は国有だからな。農民は使用権を持っているにすぎない」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

あなたの声を発信しませんか?レコードチャイナはコラムニストを募集中です!

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mr.***** | (2017/03/20 10:30)

    富の偏りを防ぐ為の相続税や固定資産税が機能していない中国ですから、不動産バブルが弾けるのはまだ先かも知れませんね。 ただ、急増を続けている民間の負債の対GDP比が日本のバブル期を超えたり、将来に対する意識調査で中国人が一番楽観的という結果が出ていたりと、いよいよ警戒が必要な条件がいくつも整ってきたと思います。 株バブルが弾けたのが2015年の初夏ですから、日本の時のパターンの同じならば今年が危険ですが、地震と同じように時期をピンポイントで予測することは不可能なので、毎月発表される不動産や住宅価格のニュースは要チェックですね。 2015年の8月や2016年の1月の様に、中国経済の先行き不安が世界の株式市場に影響を及ぼす事態が再び起こることは十分予測できますから、中国のバブルで私たちが貧乏くじを引かずに、出来ることならうまく利用して利益を上げられる様にうまく立ち回りたいものです。
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有