コミュニケーター旅行プランナーコラムニストアドバイザー翻訳者を募集中です!詳しくはこちら
 

Record China

 
ヘッドライン:

「なんだ、日本人って怖くないんだ」=イメージが変わった瞬間

日本僑報社
配信日時:2017年3月19日 12時20分
  • 「なんだ、日本人って怖くないんだ」=イメージが変わった瞬間

中国の大学では、入試の結果によって学科間の調整が行われることがあるため、必ずしも希望した学科に入れるとは限らない。そして、日本語を専攻する学生の中には、こうして不本意ながら入学したという人も少なからずいる。そのうちの一人だった蘭州理工大学の白宇さんは、日本語に興味がなかった自分を変えてくれた2人の日本人の先生について、作文に次のようにつづっている。

その他の写真

大学の専門が決まった日のことは今でも覚えている。私が遠く蘭州まで行って日本語を勉強すると聞いて、友達は皆馬鹿にしたように笑った。両親の「もう1年、浪人して頑張る?」という言葉が、傷だらけの私の心にとどめを刺した。浪人する勇気もなかった私は、入学後、専門を変えることだけに望みを託した。蘭州まで付き添ってくれた母は私の将来を悲観して、帰りの電車で泣き続けたという。2012年、小さな島をめぐって日中関係が最悪となった、その年のことだった。

大学の初日、初めての授業にやってきたのは、なんと日本人の先生だった。それまで日本人と聞いて頭に思い浮かぶのは、戦争ドラマで見たあの憎らしい顔だけだった。ところが、教室にやって来たのは可愛らしい女性で、最初はクラスメートだと思った。教壇に立つと、彼女は知らない言葉で話を始めた。唯一聞き取れたのは「早上好(おはようございます)」だけ。英語と、少しの中国語を黒板に書いて交流した。彼女は最初から最後までずっと笑顔だった。なんだ、怖くないんだ、日本人も。授業の後は自分で黒板まで消して、「また明日ね」と言うと、また微笑んだ。

その先生は丹波江里佳と言い、ご主人も先生だった。姓が同じなので、江里佳先生、秀夫先生と名前で呼んだ。先生は「子どもみたい」と笑ったが、なんだか親密な感じがして、その呼び方が好きだった。私は、もうちょっと日本語を勉強してもいいかなと思った。その後、江里佳先生と相互学習を始め、私は日本語、先生は中国語で会話を重ねた。私が大事な試験や大会を控えた時は、先生からたくさんのアドバイスとパワーをもらった。

1年が終わる頃、私の成績は学年で一番になっていた。いつの間にか、専門を変えようという気持ちはなくなっていた。ある日、秀夫先生から呼び出され、江里佳先生が突然帰国することになったと聞かされた。もう、蘭州には戻らない。その瞬間、私は言葉を失い、目からは涙が溢れ出した。他人に弱みを見せることが何より嫌いだったはずの私が、何も言えずに、ただ泣き続けた。ただ一人の日本人の前で、ただ一人の日本人のために。

江里佳先生が帰国した後は、秀夫先生と相互学習を続けた。今だから言うと、最初は江里佳先生には誰も代われないと思っていた。秀夫先生は私たちの授業を担当したことがなかったので、冗談を言い合うことも少なかった。やっぱり江里佳先生のほうがいい、とこっそり思った。去年の5月、蘭州で大きなスピーチ大会が行われることになった。地区予選で優勝すれば日本での決勝に行けると聞き、とてもワクワクした。日本で、また江里佳先生に会える!しかし、参加を決めてか大会まで1カ月もなく、まだ原稿もなかった。

思い切って秀夫先生に指導をお願いすると、先生は快く引き受けてくれた。「でも、私が指導する以上は厳しいよ?『全力を尽くす』、それが唯一の、そして絶対に守ってほしい約束」という秀夫先生に、私はドキドキしながら頷いた。それから毎日、秀夫先生と夜遅くまで練習した。発音から、アクセント、イントネーション、表情、身振り手振りまで、二人で一緒に考えた。大会当日、私の優勝が決まった時、先生は誰よりも嬉しそうに微笑んでいた。その笑顔を見た瞬間に気づいた。秀夫先生もまた、かけがえのない存在になっていたのだ。

東京の決勝では全力を尽くしたものの、結局、私が優勝することはなかった。周囲は決勝に進めただけで十分だと言ってくれたが、内心悔しくてたまらなかった。そんな私の性格をよく知る江里佳先生がくれた長い応援メッセージは、私の一生の宝物になった。

思い返すと涙が出てくる。4年間、私を支え続けてくれた先生方。辛い時、苦しい時、私はいつも二人の笑顔を思い出す。すると、また次の一歩を踏み出す勇気が湧いてくる。今年、私は大学院へ進学する。専門は日本語。今なら相手が誰であろうと、私は胸を張って言える。「私の専門は日本語です」と。(編集/北田

※本文は、第十二回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「訪日中国人『爆買い』以外にできること」(段躍中編、日本僑報社、2016年)より、白宇さん(蘭州理工大学)の作品「二人の先生の笑顔が私に大切なことを教えてくれた」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

関連記事

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3
コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/09/14 14:30)

    日本人は怖くないというのはいい面と悪い面がある。いい面は両国の人々の友好が進めば、戦争の危険が減ることに貢献するかもしれないということである。しかしこれは希望的観測である。悪い面というのは、怖くなければ、戦争しても勝てると思い、戦争の誘惑を招くかもしれないということである。現状では、中国側の戦前の強かった日本軍の記憶が薄れつつある。そのことは尖閣で日常的に繰り返される中国公船による領海侵犯に現れている。戦前であれば中国側がこのようなことをすることはあり得なかっただろう。中国側に領土領海拡張意欲がなかったならば、日本人は怖くない、は、いいことであるが、そうでない場合(現状をみるとその可能性の方が高い)悪い面が出るおそれがある。鳩山元総理などは中国のその方向性を助長している。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • wak***** | (2017/03/20 18:34)

    なんだ、中国人(漢民族)は北京原人じゃないんだ ごく最近、日本人が認識しました 日本が70年以上前に造船し運用した空母を やっと作ったんですから 道を誤らずに頑張りなさい。醜菌屁
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/03/20 11:26)

    笑顔ってのは、交流する時の最大の武器だね。 そういう意味では、例え愛想笑いでも、日頃笑顔を見せている日本人は、割と恵まれてるのかも知れない 。 以前仕事上で中国人に会った時、彼は実にぶっきらぼうで表情も不機嫌そうに見えた。だが、数日顔を見ていると、それが「彼の普通」だと分かった。まあ、日本人にも人付き合いが不器用な人はいる。「ここまで」のはそうそうお目にかからないと言うだけで。 彼が帰る日、彼は私を呼んで、一緒に写真を撮ってくれと頼んできた。断る理由は無かったので即諾すると、彼は私と肩を組み、スマホでそれを撮った。撮影の時も笑顔だったが、別れ際にも笑顔をくれた。 彼が今後日本で活動するのかまでは知らないが、ぶっきらぼうなままだったら、きっと苦労するだろうと思う。とはいえ、笑顔はなかなかいい笑顔だったから、苦労するかどうかはその一点にかかってると言えるかも知れない。これが国民性なら損だよね。
    このコメントは非表示に設定されています。

The world video

この記事を共有