Record China

 

日本の科学研究、中国に劣後、ノーベル賞受賞激減も―オムロン元会長

立石信雄
配信日時:2018年2月11日 6時0分
  • 日本の科学研究、中国に劣後、ノーベル賞受賞激減も―オムロン元会長

理系研究論文数を左右する3要素は研究資金、研究時間、研究者の数だが、これらの全てで日本の科学研究状況は悪化しているという。しかも非正規雇用、任期付研究者が多く、今は優秀な理系学生の多くは修士の段階で一般企業に就職し、博士課程に進む学生が減少している。

続きを読む

関連記事

The world video

この記事を共有